肛門に異常がある時は痔かもしれない|症状と原因を把握しておこう

婦人

スキンクリニックでの治療

にきび治療は保険適用なので、東京都内なら一般皮膚科などのスキンクリニックで少ない負担で受けられます。ただし、にきび跡になると保険では治せない美容皮膚科の分野の治療になり、治療費が高くなるので注意が必要です。

肛門に違和感があるとき

お尻

患ってしまう原因

排便時に血が出ていたり、肛門に痛みを感じたり何か異物感があったりと、こうした症状があるときには痔を疑ったほうがいいかもしれません。痔は若い人はならない、男性に多いので自分は違うと感じている方も多かったりしますが、痔はちょっとした原因でなり、例えば便秘や下痢、アルコールや辛い食べ物の食べ過ぎ、長時間歩き回ることや逆に座りっぱなし、冷え、ストレス、硬い便を無理に出すなど様々な要因があります。原因を見た限りでも老若男女関係なく誰にでも当てはまりそうなことがキッカケで痔になってしまうことがあります。そのためこうした症状が出た際には、慌てずご自身でも応急処置ができますのでしっかりと手当したうえで病院に通って下さい。例えばいぼ痔で血が止まらなくなったときには、ティッシュなどで肛門を圧迫するように10分程度押さえると血は止まりますし、入浴しておしりを温めると症状が和らいだりします。また普段から食生活など気を付けて、便通を整えるようにし肛門に負担をかけないようにすると根本原因の解決にもなります。

治療で気を付けること

痔の治療は手術と思われるかもしれませんが、基本的には日常生活の改善と肛門部を清潔に保ち血液の循環を良くすることで治療していく手法が取られています。もちろん痔ろうについては手術でしか治療はできませんが、それ以外のケースでは大体10〜20%程度しか手術が必要となるケースは少ないのです。また痔の原因のほとんどが生活習慣によるものですので、治ったからといってまた生活習慣が悪くなれば再発する可能性もありますので注意が必要です。また症状が出た時に自分で治療しようとせず病院で検査してもらったほうがいい理由としては、痔だけではなく大腸がんや大腸ポリープなどでも肛門からの出血は起こるためです。排便のときに出血や痛みを感じるなどの症状があるときは、早期に受診することで取り返しのつかない事態になることを避けることができますので、まずは検査をしっかりと行うことをお勧めします。

皮膚の病は副都心の医院へ

近年の総合病院での診療科目の削減に伴い、新宿副都心では皮膚科の医院が目立っています。特に新宿駅前には皮膚科の医院が多くあり、どの医院も経験豊かな医師ばかりで親切丁寧な治療をしてくれるという特徴があります。またアクセスが便利で、落ち着いた雰囲気を提供していることも多くの人が利用する要因となっています。

受診して安心しよう

皮膚疾患を患ったときに皮膚科を受診する目的は、体外からの刺激なのか体内の不調なのかを見極め、適切な治療方法を採ることです。京都では医療と美容の両面からアプローチできる医療機関が増えていますので、知っておくと選択肢が増えます。